HOME > 不当でない解雇もある > 会社が倒産したら2

裁判所に書類を申請してから賃金が振り込まれるまでは少し時間がかかります。未払い賃金の8割りは保証され戻ってくるようになっていますが、賃金請求権は2年で時効になってしまいますので早めに手続きするように注意しましょう。

労働者を救済するためのこのような制度は他にもいくつか設けられています、会社が倒産した時は通常退職とは違い、会社の一方的な事情になりますので雇用保険を半年以上かけていれば、3ヶ月の認定を待たずに申請の翌月から雇用保険金の受け取りもできるようになっています。不利な立場の労働者を守るためにたくさんの制度がありますが知らなければ活用できませんので、自分なりに調べてみるのも良いかもしれませんね。

このページの先頭へ