HOME > 実際にあった不当解雇とは > 労働組合を知っておこう

労働組合とは

経営者と労働者はどちらが立場が上だと思いますか?という質問に労働者と答える人はまずいないと思います。社員が社長にペコペコしている姿は見たことがあっても逆はないですよね。立場が弱い労働者が自分達の権利を守ろうと立ち上がって出来たのが「労働組合」という制度です。でも実際には会社に労働組合があっても、なんだか堅苦しいし仕組みもよくわからないので遠い存在となっている人も多いのではないでしょうか。
労働組合は賃金や労働時間、休日、待遇、差別やパワハラなどのさまざまな権利について会社側との団体交渉権が憲法で認められている制度ですので、会社の制度に1人だけで意見を言うことは出来なくても労働組合からの意見として抗議することなら改善可能なケースは多くあります。

会社に労働組合が無いから自分には関係ないと思っている人もいると思いますが、労働者であれば誰でも労働組合は簡単に作ることができます。2名以上の労働者が集まり、総会を開いて規約を作って役員を決めれば立派な労働組合の出来上がりです。会社の承認も必要ありません。(会社が労働組合設立を邪魔することは法律違反です)
少ない人数では会社に対抗できなくて不安だという場合には、全国規模で運営している労働組合に加入することもできます、人員削減による解雇などの相談にも積極的に応じてくれますので、不当解雇や退職勧奨についての解決策や対応のアドバイスなどを相談してみましょう、労働者の強い味方となってくれます。

このページの先頭へ

労働組合を上手に活用

通常は長く勤務していくうえで会社環境や待遇を良くしようと意見を出す場所ではあるのですが、解雇予告や退職勧奨を提案されて会社にはもう愛想が尽きたという人にも是非労働組合について注目して欲しいと思います。
退職勧奨に逆らってまで会社に残る勇気は出ないし、裁判などの訴訟も面倒なので気がのらない、しかしこのまま会社の都合の良いコマとして捨てられるのも何だか悔しいと思うならば、労働組合を活用して今まで不満に思っていた待遇面の抗議を全てぶつけてみるのはどうでしょうか。少しは自分の気持ちの整理が出来ますし、後に残る従業員のためにもなると思えば、思い切って抗議することが出来るのではないでしょうか。
会社から不当な解雇を告げられた時は特に威圧的に攻撃されたり、次の再就職先に影響を与えるなどと脅してくる会社もあるほどですので、心が縮んで文句を言うことも助けを求めることもいつも以上に難しくなりますが、他人や大きな団体に力を借りることは恥ずかしいことでは絶対にありません。1人で悩むよりも解決に向かう時間が圧倒的に短くなりますので是非活用してください。

このページの先頭へ